• amberlogue
  • 豊かな森から生まれた

    オーガニックなジュエル。

    太古の輝き、ひと雫。

    琥珀は樹脂が長い時を経てカタチとなった植物生まれの宝石です。 久慈産琥珀の起源は8,500万年前。 黄や赤、茶、黒など約250色にも分類される多彩な色あいと神秘的な艶めく美しさで、 いにしえから人々に愛されてきました。Amberlogue(アンバーローグ)は希少な琥珀 の原石を大切に集めて生まれたニューライン。カジュアルに、フォーマルに。 温もりとやわらかな輝きに満ちたジュエリーが、凛とした女性の自分らしいスタイル を演出します。

  • 琥珀、久慈

    琥珀、久慈 無機質の宝石にはない温もりが琥珀の魅力。 数少ない有機質の宝石である琥珀は、古来より女子を護る宝石として伝えられてきました。 また、琥珀の成分だけがもつ殺菌効果は、貴人たちの香料として珍重されており、そ の類なき効力から薫陸香(くんのこ)という名前でも呼ばれてきました。琥珀は、ギリシャ神話では三姉妹の涙、プロシア古文書では太陽のかけら、そしてロシア の伝説では人魚の涙と考えられ、世界中で愛されてきた宝石です。 自社鉱山から採掘、研磨から製品化までを一貫して行う久慈琥珀から、新たなアンバース タイルを提案いたします。

  • インゴットプレート・アンバー

    鉱石から採取された金の粒を精練して純度を高めるように、久慈琥珀のリファインドアンバー は、厳選した琥珀の粒を集めて作られます。100%にまで純度を高めた、正に究極のインゴット。 何も混ぜない・何も入れない。 琥珀を知りつくしたマスターリファイナーが、新たな魅力を創り出したのです。 精製を繰り返していない再生琥珀や加熱琥珀とは全く異なる、100%天然の純琥珀だけ が許された美しさ。アンバージュエルの新たな可能性を追求する久慈琥珀だけの新素材が、新ブランドAmberlogueを創り出します。

  • 時空を越えた

    ヴィンテージ

    今なおメタセコイアが自生する久慈の森。 中生代白亜紀サントニアン層から産出される琥珀から、恐竜が鳥へと進化する途上で落と した羽毛が発見され、「フェアリ」と名づけられました。 琥珀は時空を閉じ込めたタイムカプセルで、約8500万年前、太古の久慈の森は中生代に 栄えた動植物の新種も相次いで発見され、久慈は博物館クラスの琥珀を多産する、商業 上でも重要な産地として知られています。そのヴィンテージ(年代希少性)をもつ久慈の琥珀が、時を越えて新たな美しさとなって 現代に生まれました。 品質基準の第1は、悠久の時が生んだ希少な琥珀だけを使うということ、それがAmberlogue のブランドポリシーです。

  • 光への挑戦

    あめ色ではない、あま色でもない。 リファインドアンバーは、産出されるアンバーのほとんどがもつ不均質性をなくし、深く 柔らかな色をもっています。 琥珀の品質基準の第2は「カラー(色調)」、そして第3は「パターン(模様)」です。 Amberlogueを創り出すリファインドアンバーは、15の定規格で厳密に精製されます。 カラーは、最も暗いDarkから最も明るいBrightまで5色、パターンはTortoiseshell・Monotone・Gradationの3種。 カラーとパターンを指定してのオーダーメイド・ジュエルや、インゴットサイズでのご提供 など、お客様だけのアンバースタイリングも承ります。 ぜひサンプルBOXでお確かめください。

  • かけら一粒も

    プレミアム

    太古の樹液が大地の時を経て今に甦った宝石・琥珀。 8500万年もの間を眠っていた久慈産原石は、採掘されて空気に触れたとたん、割れてし まうほど繊細です。 大きな塊も、砕けてしまった破片も、涙ほどの粒も、全て貴重な100%天然の純琥珀。 かけら一つもプレミアムな久慈産琥珀をインゴットに精製した、リファインドアンバーの第4品質基準は「カラット(重量)」。Amberlogueは、原石形状のままでは不可能とされてきた サイズや量を、お愉しみいただけます。

  • フォルムワーク

    デザイン

    Amberlogueが提案するアンバースタイルの一つがフォルムワーク。 ラウンド、キューブ、ディンプルほか自在な形から生まれるピアス、ネックレスなどのジュ エルラインと、スプーン、バターナイフなど独自のシルエットから造られるガジェットライン をお届けします。     リファインドアンバーの最後の品質基準は、「カット(切り出し)」と「カーヴ(削り出し)」。 インゴットプレートだから出来る自由なフォルムが、“琥珀のある時間”のクリエイティビティ を広げます。

  • アートワーク

    デザイン

    Amberlogueが提案する、もう一つのアンバースタイルがアートワーク。 インゴットプレートから創り出される多彩なパーツが異素材と出逢い、ファッションライン として登場します。ファーストリリースはトートバッグ。 地表から浮かび出る琥珀たちをモチーフに埋め込まれた50個のリファインドアンバーが、 オーストリッチのように鳥を彷彿させることから、フェアリ9が発掘された白亜紀サントニ アン層にちなみ「Santonian」と命名しました。

  • Flagship Shop

    東京都中央区銀座五丁目7-10 EXITMELSA 4F